責任

幼児教育に熱心な方と自然に自由に育てる方と、いろいろ
いらっしゃいます。


私は親の責任でどちらを選択してもいいと思います。でもと
ても重い責任だと思います。


最近は子供の犯罪や自殺が多くなりました。メディアの発達
で目立つようになったのかも知れませんが。


また、若年層へのインターネットや携帯電話の広まりで、情
報が素早く広がったり、他人との接点が増えたのが理由か
もしれません。


情報過多で自分自身で情報を処理しきれなくなってしまうの
ではないでしょうか。


幼児期の過ごし方が成長するにつれて個性や性格、人格形
成にに多大な影響を与えることは事実ではないかと思ってい
ます。


幼児期から自分で考える力を身に付ける事が必要です。過
去の10年で生活は変わりました。


これからの10年を予想できる人はいないと思います。予想
できない時間の中を子供たちは生きていかなければならな
いのです。


その為に私たち親の出来ることは何でしょうか。テストのよ
うにすぐに答えの出ないのが幼児教育です。


幼児期を逃すと取り返しがつかないのが幼児教育です。